日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

【上編】1分で解るビットコインの歴史

暗号通貨

【上編】1分で解るビットコインの歴史
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

それでは、このビットコインどのように誕生して、どのような歴史を経て現在に至っているのか、そもそもビットコインってどんなものなのか、各国の企業、実際ビットコインに関してどのような取り組みがなされているのか、このあたりの説明を詳しくしていきたいと思います。

ビットコインの特徴

ビットコインはあらゆる暗号通貨と同じような特徴を持っていることは言うまでもなく兼ね備えています。

1.個人同士で直接取引が出来る。


2.銀行や手形交換所を通す必要がない。


3.手数料が安く抑えられる。


4.24時間365日どこの国でも使用可能。


ビットコインに参入している企業

ビットコイン-参入している企業

知られていないかもしれませんが、大手の企業がビットコインに参入既にしています 。日本の大手の企業もいくつか参入しています。
例を挙げていくと日本では、楽天、サイバーエージェント(アメーバを運営している会社です)、NTT。海外の企業を挙げるとGoogle(グーグル)、Samsung(サムスン)、Apple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)などです。世界の大企業がそろって既にビットコインに参入しています。NTTなんて、親方日の丸だった企業です。数ある大手企業のなかでも保守的な起業の代表格といってもいいのではないでしょうか。
それはこれらの企業はビットコインが流通、普及するだろうと、かなりの自信をもって見込んでいるからです。
でなければ、こんな大企業が、しかもこれだけの数の大企業がビットコインに参入するわけがありません。因みに、これらの企業はとっくの前から参入しています。流石ですね、ビットコインの必要性に目をつけるのが早い。

ビットコインの歴史

それではビットコインの歴史を説明していきますね。

ナカモト サトシ...

ビットコイン-歴史-ナカモトサトシ

出典 http://obs.line-scdn.net

2008年に「ナカモト サトシ」という人がインターネット上にビットコインについての論文を公表しました。ナカモトサトシが日本人なのか外国人なのか、本名なのか偽名なのかはわかっていません。名前からして明らかに日本人なのですが...

そして、プロトタイプ、いわゆるビットコインの試作品をネットにあげました。すると、世界中のハッカーとプログラマーたちが「これはすごい。面白いではないか。」と注目しはじめました。

簡単にいうとこのビットコイン、彼らの心をくすぐったわけです。すると、世界中のプログラマー、ハッカーたちがプログラムを次から次から次へと書き換えていきました。そして、今存在しているビットコインのプログラムは初期のプログラムと90%以上変わっています。ほぼ、別物になったということです。

今あるビットコインは世界中のハッカーたちが作りあげた、いわゆる芸術作品みたいなものともいえるでしょう。

シルクロードという闇組織

ビットコイン歴史-シルクロード

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

ここで、もし終わっていたらただ単にハッカーやプログラマー達の自己満足で終わっていたのですが...ここに目を付けた団体が居ました。

それは何かというと違法サイト「シルクロード(闇組織)」です。犯罪組織がビットコインを決算の手段として使用していきます。

これはよく考えてみればわかることです。なぜなら、ビットコインの最大の特徴は「いつでもどこでも誰でもが、24時間365日、世界中どこの国にでも、ほぼ0円に等しいほどの安い手数料でお金を瞬間的に送金することができる」からです。

闇組織が例えば、麻薬の密売、武器の売買をしますよね。映画のシーンでも出てきますが、スーツケースなどのお金を入れて、直接接触をして取引を行う場面です。取引が成立した瞬間に警察が入っていき現場逮捕といった具合にです。ここが一番犯罪組織としては危ない場面になりますよね。

ビットコインがあったらどうでしょうか。そんな必要なくなりますよね。なぜなら、スマホでぽちっとすれば送金完了なんですから。しかも、銀行、政府の介入は一切ありません。

この利点に目を付けた闇犯罪組織がビットコインを使い始めました。しかし、その後に摘発されてしまいました。当然ですよね、犯罪ですから。

ビットコインの知名度上昇

ビットコインの歴史―知名度

その後アメリカではネットワークを通してニュースが流れました。そこで、アメリカの人はどう感じたと思いますか?日本人の感覚だと「いやー、やっぱり犯罪に使われるようなものだからビットコイン怪しい」ってなるのではないでしょうか。アメリカ人の反応は「なんて便利なものがあるんだ!」でした。(笑)

そりゃあそうですよね、だってアメリカでは国内送金でさえ3~5日かかりますし、手数料だって何千円ってかかるんですから。こんな便利なものがあったんだって、気づいちゃったわけです。そこで、みんな欲しがり、そしてビットコインも一気にそこで上がったわけです。

丁度2010年6月頃、1ビットコインは8セント(9円)でした。

そして、シルクロード摘発のニュースが報道された、2011年8月は1ビットコイン=31ドル(3400円)に上がっていました。約380倍に跳ね上がったという事です。

この上がり方は尋常ではありません。

そうすると、勿論ビットコインの知名度が上がっていきますよね。よって、世界中でビットコインの認知度が上昇し、ビットコイン関連のビジネス、サービスが誕生してきました。

ここまでがビットコインの歴史の上編になります。

いかがだったでしょうか。ビットコインに関して少しずつわかってきたと思います。

ビットコインの歴史ひとつとってもなかなか面白いですよね!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin